田んぼに砲弾が落ちた。山中で発射されて海沿いの集落を越え、海岸さえ越えて沖合のリーフに届いたこともあった。「不思議と人には当たらなかったねぇ」と、住民の80代男性は話す。 復帰前、恩納村安富祖の集落は隣の米軍キャンプ・ハンセンから撃たれる砲弾や銃弾にさらされていた。