海外展開する県内の経営者らでつくる沖縄和僑会(佐久本学代表理事)は9日、浦添市のP’s SQUAREで「沖縄和僑会カンファレンス2017」を開いた。 WBFリゾート沖縄の兼城賢成社長が、経営する琉球温泉瀬長島ホテルと瀬長島ウミカジテラスなどの開発の経緯や、沖縄観光の可能性について講演した。