ほぼ同時期に刊行された「白い3冊」の人文書が、業界で話題になっています。文芸書に比べ、ベストセラーがなかなか出ないものですが、これらは異例の売れ行き。久々の明るいニュースです。