【伊江】フィールドワークには、当時6歳で爆発を体験した金城正子さん(75)=嘉手納町=も参加した。戦争で夫を亡くした親族の女性が犠牲になった。 金城さん自身も父親を伊江島の戦闘で亡くした。戦後、祖母の家に預けられ、1948年8月6日の「あの日」を迎えた。家中が揺れる衝撃を受けた。