宜野湾市が作製するパンフレットや嘉数高台の掲示板などに、市民が撮影した沖縄国際大ヘリ墜落時の写真が使われている。もくもくと立ち上る黒煙が、惨状を物語る。撮影者は同大前でカギ店を営む宮里秀雄さん(54)。持ち歩いていたデジタルカメラで無我夢中に撮影したという。