普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古の新基地建設の正当性、合理性などを巡り、県と国は激しく対立している。意見や見解の違いも重なり、5度目の裁判に発展しているが、司法の結果が出ても着地点が見えないのが現状だ。