【東京】12日に行われた県民大会では、辺野古新基地建設を巡る翁長雄志知事の差し止め訴訟を支持する大会宣言やオーストラリアでのオスプレイ墜落事故に抗議する特別決議も採択されたが、政府の受け止めは冷ややかだ。 政府関係者は「抗議の声は抗議の声として受け止めなければならない。