戦後72年を経ても沖縄には依然として広大な米軍基地が存在する。国土面積の0・6%のこの島に米軍専用施設の70・4%が集中し、県民は復帰45年経た現在も基地から派生する事件・事故、騒音・環境問題に苦しみ悩まされ続けている。 2016年も悲惨で残忍な事件が起こった。