【東京】上京中の翁長雄志知事は3日午前、池袋サンシャインシティで開幕したマリンダイビングフェア2015であいさつし、名護市辺野古の新基地建設による海域の埋め立てについて「ぜひ注目してほしい」と述べ、ダイビング振興につながるサンゴ礁保全の観点から関心を持ってほしいと訴えた。

マリンダイビングフェア2015で辺野古新基地建設問題に関心を持ってとあいさつする翁長雄志知事=3日午前、東京・池袋サンシャインシティ

 翁長知事は「沖縄県として沖縄の豊かな自然と環境の魅力を国内外に発信し、ダイビングの振興により一層取り組んでいきたい」と決意。その上で「その意味でも辺野古の大浦湾は美しい海でサンゴ礁もいっぱいある。今のままでいくと、埋め立てられてしまう。ぜひこれから注目してほしい」と付け加えた。

 式典後、翁長知事は記者団の取材に対し、辺野古問題に触れたことに「こういう(イベントの)趣旨だから、きれいな海はみんなで残そうということ」と環境保全の観点での世論の高まりに期待を込めた。