【東京】政府は3日午前、官房長官、外務、防衛、沖縄担当大臣による沖縄関係閣僚会議を開いた。菅義偉官房長官が4日から沖縄を訪問するのを前に、基地負担軽減や振興策に全閣僚で取り組む姿勢を確認した。菅氏が閣議後の会見で明らかにした。

 中谷元・防衛相は同日午前の会見で、翁長雄志知事と菅氏の会談について「非常に意義があるものだ」と強調。「(辺野古移設は)普天間飛行場の危険性の除去や基地負担の軽減のためであり、こうした点を理解頂けるような話をしてほしい」と要望した。