ペットボトルアート「Reborn~異彩放つ琉球の自然」(主催・沖縄タイムス社、文化の杜もり共同企業体)が那覇市の県立博物館・美術館で開かれている。5日まで。神奈川県から作者の本間ますみさんも来県した。

作者の本間ますみさんの話に聞き入る来場者ら=3日、那覇市の県立博物館・美術館

 使用済みペットボトル約2千本でヤンバルの森や海の生き物を表現したアート展。3日、会場は親子連れを中心ににぎわった。本間さんには「製作期間は」「作り方は」などと質問が次々と飛んでいた。

 4人の子どもと訪れた宜野湾市の主婦、伊波静恵さん(40)は「夢の世界にいるよう」とうっとり。長男の望君(13)らも「細かく模様があり驚いた」「きれい」と感心した様子。伊波さんは「捨てるはずのペットボトルが再利用されて生まれ変わっていた。子どもの教育にもいい」と話した。

 観覧料は一般600円、高・大生500円、小・中生400円。問い合わせは県立博物館・美術館、電話098(941)8200。