バスケットボールの国内男子リーグを統合して来年10月にスタートする新リーグの参加申請受け付けが3日に始まり、ナショナルリーグ(NBL)やキングスなどTKbjリーグの計24チームが申請した。申請期限は4月末までで、審査を経て5月末に参加チームが決定する。

新リーグの川淵三郎理事長(左)に入会申し込み書を手渡す琉球ゴールデンキングスの木村達郞代表=東京・品川プリンスホテル

 統合を主導するタスクフォース(特別チーム)によると、現時点で他に18チームが参加の意向。参加資格はNBL2部などを含む計46チームにあり、1日に来季のbjリーグ参入が発表された広島を認めるかどうかは検討する。

■「1部をねらう」 木村代表

 【東京】新リーグへ参加を申請した琉球ゴールデンキングスの木村達郞代表は「日本一の集客力を発揮して、バスケットボール界を盛り上げていきたい」と意欲を示した。

 新リーグのトップリーグには1部と2部がある。木村代表は「1部をねらう。目指すべきだと思っているし、資格がある」と意欲を示した上で「その後が本当の勝負。ファン、スポーツ界、メディアも一体となった沖縄の総力で向かっていきたい」と、機運の盛り上げに力を込めた。

 一方、入会審査で1部は5千人規模のホームアリーナの確保も条件となるが、「ホームタウンにしてほしいと誘致する自治体が2、3ある。行政側と調整してクリアしていきたい」と自信ものぞかせた。

 年間10万人の抜群の集客力を誇り、財務も5年連続黒字と好調なキングス。木村代表は「コアなファンだけでなくライトユーザー(初心者)にいかに増やしていけるか。今よりもっと大きな数の人に来てもらえるよう正しいことをやっていきたい」と話した。