「カーミージー(亀瀬)の自然を残したい」。浦添市の西海岸地域に広がるイノー(礁池)を守りたいと、地域住民の思いを込めた「里浜条例」が策定される見通しになった。港川自治会や関係者は喜び「制定がゴールではなく、貴重な里浜の持続的な保全と取り組みが大切」と、今後を見据えている。