【渡嘉敷】キックボクシングのWPMF(世界プロムエタイ連盟)日本スーパーウェルターとミドル級2階級王者の廣虎(ひろと)さん(本名・根間裕人、ワイルドシーサー沖縄所属)が渡嘉敷村観光大使に任命され、このほど松本好勝村長から委嘱状が手渡された。

松本好勝村長(左)、大城良孝副村長(同右)に囲まれる廣虎さん=2月25日、渡嘉敷村役場

 廣虎選手は4年前から島内にある国立沖縄青少年交流の家でトレーニング合宿し、これまでに島を20回以上訪れている。「島はアップダウンが激しく、スポーツの基本であるランニングをするには最適。トレーニングルームやボクシング場の施設も充実している」と気に入った様子。「島の自然や人たちの優しさが最高」と知人にも渡嘉敷をPRしている。

 松本村長は「トレーニングを積んで、ぜひ世界チャンピオンになってもらいたい。5月の世界戦では、うちわを配布して全体で応援したい」と支援を約束した。

 世界戦は5月31日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで行われる。(新垣聡通信員)