名護市辺野古の新基地建設に反対する「オール沖縄会議」は14日、県庁記者クラブで会見し、米国で連邦議会議員や労働組合、平和市民団体などに辺野古反対を訴える訪米団が決意を表明した。伊波洋一参院議員が団長を務め、県議や県内の労組、女性、若者の代表21人が参加、16日出発し24日に帰国する。