沖縄県ハイヤー・タクシー協会(湖城秀實会長)と全国個人タクシー協会沖縄支部(義永勉支部長)は3日、県に安慶田光男副知事を訪ね、観光タクシーの需要喚起策の実施などを要望した。

安慶田副知事(中央)に要望書を手渡した湖城会長(右)と義永支部長=3日、県庁

 県が2012年度、一括交付金で実施した観光客向けの割引クーポン配布などを挙げ、15年度の実現を要望。年間通して、利用者の平準化策なども求めている。

 12年度の割引クーポンは一括交付金を使って実施。3カ月で973枚(320万円分)の利用があった。