福祉車両製作を手がけるタイヤランド沖縄(宜野湾市、高里健作代表)は、高齢者ドライバー向けに自動車のハンドル横に取り付けられる手動の補助ブレーキレバーの販売を始めた。全国的にアクセルとブレーキの踏み間違いによる高齢者ドライバーの事故が多発している。現在東京都内で15台に取り付け実績があり、県内での普及を目指す。

ハンドルの右横に取り付けられた手動補助ブレーキの操作方法を説明する高里健作代表=宜野湾市・タイヤランド沖縄

 障がい者用の福祉車両などに使われる装置を、高齢者向けに転用する。ブレーキペダルとは別に、手でもブレーキをかけることができる。「手は足よりも脳に近い位置にあるので、指令伝達が早く、とっさに動くことができる」と高里さん。身近にも、高齢になっても運転を続ける両親を心配する人は増えているといい、「家族の安全と安心のために、備えを検討してみては」とPRした。

 取り付け工事は15万円程度から。車種によって料金は異なる。問い合わせはタイヤランド沖縄、電話098(898)5732。