かりゆし(當山智士社長)は15日、那覇市泉崎の沖縄かりゆし琉球ホテル・ナハ跡地で新築する「EXES NAHA(エグゼス・ナハ)」の安全祈願祭を開いた。都市型の富裕層向けホテルでエグゼスブランドとしては県内3軒目。開業は2019年4月の予定。

2019年4月開業予定の「EXES NAHA」の完成イメージ(かりゆし提供)

 ホテルは10階建てで、客室は計67室。最上階にはプール付きの部屋を4室設ける。部屋の広さは41~65平方メートル。1階には、恩納村の「沖縄スパリゾート エグゼス」で自社運営している鉄板焼きダイニング「天」、2階にはレストランとプールを配置する。

 かりゆしグループの平良朝敬オーナーは「海洋博時代のサンタルチアホテル、その後のホテルニュー那覇、沖縄かりゆし琉球ホテル・ナハと沖縄観光の歴史が詰まった土地。選ばれるホテルにしたい」と語った。