9秒でまるわかり!

  • 翁長知事が菅官房長官と初会談し、辺野古新基地建設の断念を要求
  • 菅氏は「移設の断念は普天間の固定化につながる」と主張
  • 両者、平行線のまま終了。知事は安倍首相との会談を菅氏に要望

 翁長雄志知事は5日、那覇市内のホテルで就任後初めて、菅義偉官房長官と会談した。両者は普天間飛行場の返還問題で主張を述べ合い、知事は「辺野古の新基地は絶対に建設できないと確信を持っている」と県内移設断念を求めた。これに対して菅氏は「辺野古移設は唯一の解決策」「移設の断念は普天間の固定化にもつながる」と従来の二者択一論を強調し、平行線をたどった。知事は安倍晋三首相との会談を菅氏に要望した。

翁長雄志知事(右)との初会談に臨む菅義偉官房長官=5日午前、那覇市・ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

翁長雄志知事(右)との初会談に臨む菅義偉官房長官=5日午前、那覇市・ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

 知事は会談後、記者団に「基地問題で後退することはまったくない。県の行政手続きの中でありとあらゆる手段を用いる」と述べ、移設阻止への決意をあらためて強調した。

 知事は会談の冒頭で、菅氏が記者会見などで繰り返す「移設を粛々と進める」との発言に、時間を割いて反論。「問答無用という姿勢が感じられる。上から目線の言葉を使えば使うほど県民の心は離れ、怒りは増幅していく」と指摘した。

 復帰前の米軍施政権下で「沖縄の自治は神話」と発言した米国民政府トップを引き合いに「官房長官の言葉が全国放送で出てくると、キャラウェー高等弁務官の姿が思い出される」と痛烈に批判した。

 沖縄に米軍基地が集中した経緯として「沖縄県が自ら基地を提供したことはない。銃剣とブルドーザーで強制接収された」と説明。

 「県民に苦しみを与えておいて、世界一危険な飛行場の危険除去のために(代替施設を)沖縄が負担しろ、お前たち(移設先の)代替案は持っているのか、という話がされること自体、日本の政治の堕落ではないか」と述べ、県内移設の不当性を訴えた。

 昨年の名護市長選、知事選、衆院選で辺野古移設に反対する候補が勝利したにもかかわらず、菅氏が「争点は辺野古だけではなかった」と発言したことにも反論。

 知事選を例に挙げ「私と前知事は、埋め立て承認以外に政策の違いはない。争点はただ一つ、埋め立て承認の審判が問われた」と述べ、辺野古移設反対の民意が明確に示されたとの認識を強調した。