「相手ピッチャーの球が高めに浮き始めた」。0-0の四回。読谷は2安打に抑えられていた豊見城の右腕島袋雄介の変調を見逃さなかった。 上位から始まる好打順。1死後、4番又吉李樹は「自分がチャンスをつくる」と気合を入れると、直球を右中間へ運び二塁打とし、狙い通りチャンスメーク。