沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブの工事車両用ゲート前で17日、新基地建設に反対し座り込む市民ら約100人が新基地建設反対を訴え座り込んだ。正午現在、工事車両の搬入は確認されていない。

K1護岸建設予定地では、砂浜に道路を造るための作業が行われた=17日午前10時55分ごろ、名護市辺野古

 シュワブ沿岸のK1護岸建設予定地では、クレーン車が砂浜に道路を造るための作業をしていた。船から作業を監視した市民は「きれいな海を壊すな」と訴えた。その他の護岸工事現場では、大きな作業は確認されなかった。