【東京】菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、名護市辺野古の新基地建設に向けた政府の手続きについて「粛々と進める」としていた表現を改める考えを示した。

 5日の翁長雄志知事との初会談で、翁長知事から「上から目線で、県民の心は離れ、怒りは増幅していく」と批判されていた。

 菅氏は「表現を変えていくべきだと思う。不快な思いを与えたとすれば、使わない」と述べた。

 その上で辺野古移設計画については「日米同盟の抑止力の維持と普天間飛行場の危険性除去を沖縄県民にご理解をいただけるように丁寧に説明させて頂きたい」と述べた。

 翁長知事が要望した安倍晋三首相との会談については、知事側の具体的な要望を確認しながら「検討したい」と述べた。