県土木建築部は、本年度から道路の維持管理について、県職員が担っている作業を民間委託できるかどうかの検討を始めている。インフラ施設の老朽化で多額の維持管理費用がかかって予算不足となっており、土木整備員(現業職員)を減らしていることも背景にある。