沖縄タイムスの緊急世論調査で、名護市辺野古の新基地建設を「あらゆる手法で阻止する」と打ち出す翁長雄志知事への支持が83・0%に上った。昨年12月の就任以来、辺野古沿岸の岩礁破砕許可の取り消しや埋め立て承認の取り消し・撤回を視野に入れた政策に対する理解の広がりが、ひときわ目を引く結果となった。