県農林水産部糖業農産課の担当者によると、県内のほぼ全域でロール現象が見られ、一部では葉が枯れているなどの報告もある。 葉が枯れるとバッタなどの害虫の発生が増え、葉の食害が進む恐れがある。担当者は「成長が遅れると一株当たりの収量が落ち、糖度が下がる。農家の収益減につながりかねない」と懸念する。