【東京】菅義偉官房長官は6日の会見で、名護市辺野古の新基地建設に向けた政府による工事や手続きの方針で繰り返してきた「粛々と進める」という表現を使わない考えを示した。

記者会見中に口元に手をやる菅官房長官=6日午前、首相官邸

 翁長雄志知事が5日の初会談で「上から目線で使えば使うほど県民の心は離れ怒りは増幅していく」と批判したことを受けた。菅氏は「不快な思いを与えたということであれば、使うべきじゃない」と述べた。

 一方、新基地建設について「関係法令に基づいて適切に対応していく方針には変わらない」と従来の政府見解を強調した。

 翁長知事が要請した安倍晋三首相との会談について「具体的にどのようなことを要望されているか詰めながら検討していきたい」と述べた。会談の時期や形式も、趣旨を含め調整する考えを示した。

 翁長知事との会談前日に安慶田光男副知事と面会したことについては事実は認め、「内容については控えさせていただきたい」と明らかにしなかった。