全国屈指の激戦区といわれる東都大学野球の春季リーグ戦が7日、神宮球場で開幕する。今秋のドラフト候補の一人で、中央大の新主将を務める神里和毅(糸満高出、4年)は3日、立教大(東京六大学)とのオープン戦に5番中堅で先発出場し、初回に左中間フェンス直撃の適時二塁打を放つなど、好調をアピールした。