沖縄県内のほとんどの小中学校で7日、始業式があった。那覇市の大道小学校(榮多喜仁校長)では、春休みが明け、緊張と期待が入り交じった表情の子どもたちが元気に登校。新しい仲間や担任の先生とともに新学期をスタートさせた。

始業式で担任が発表され、歓声をあげる児童=7日午前、那覇市・大道小学校

 始業式で、榮多校長は「新学期で不安があるかもしれないが、楽しいこともたくさんある。この1年間がんばってください」とあいさつ。

 2年生に進級した眞榮城徳大君(7)は「かけ算をがんばりたい。授業でもたくさん手をあげたい」と声を弾ませた。