【東京】山口俊一沖縄担当相は7日の閣議後会見で、菅義偉官房長官と翁長雄志知事の初会談が実現したことについて「非常によかった」と高く評価し、沖縄振興に取り組みやすい環境になったという認識を示した。

 山口氏は米軍普天間飛行場の返還問題を想定し「(両氏の間で)意見の一致というのは非常に難しいと思うが、政治家同士の信頼感が生まれるというのは非常に大事なことだと思う」と述べた。翁長知事が求める安倍晋三首相との会談についても「決して悪いことではないと思う」として実現に期待した。

 翁長知事の就任後は開かれていない沖縄政策協議会ついては「今のところ検討していない」とした。ただ、西普天間住宅地区の返還に伴い、都市計画の決定なども控えていることから「事態が進む中でやろうかということになると思う」と必要性に応じた開催に前向きな考えを示した。