戦後、フィリピンに残された残留日本人2世を支援する日本財団とNPO法人「フィリピン日系人リーガルサポートセンター」(東京都)の支援事業で、日本国籍を回復した残留日系2世が200人に達したことが17日、分かった。うち父親が沖縄県出身の残留2世は45人と約23%を占め全国で最多だった。