【ワシントン共同】河野太郎外相はワシントンで17日午後(日本時間18日午前)、米国のティラーソン国務長官と会談し、秋に予定されるトランプ大統領の来日に向け、準備を着実に進めることで一致した。河野氏は「揺るぎない日米同盟を内外に示すため、トランプ氏の初訪日を重視している」と強調した。

 経済政策に関し、河野氏は米国による環太平洋連携協定(TPP)離脱を踏まえ「アジア太平洋の経済秩序を日米が主導することが重要だ」と指摘。ティラーソン氏は賛意を示し、自由で開かれた秩序の維持へ協力することを確認した。(共同通信)