議員のなり手不足から、有権者が予算などの議案を直接審議する「村総会」の設置を検討していた高知県大川村議会の議会運営委員会は18日、検討を先送りする内容の答申をまとめ、朝倉慧議長に提出した。村も県の支援を受け議会維持に向けた方策を話し合っており、同村では議会の維持に軸足が移っている。

 「村総会」を巡る答申書を受け取る高知県大川村議会の朝倉慧議長(右)=18日、高知県大川村

 答申は、総会の運用に関し地方自治法は「議会の規定が準用される」としか言及しておらず、現時点での検討は困難だと指摘。総会の運用方法などを話し合うため総務省が設置した有識者研究会の検討内容を把握した上で、調査・研究を進めるのが望ましいとした。(共同通信)