九州北部の豪雨で大きな被害を受けた福岡県朝倉市と東峰村は18日、完成した仮設住宅計57戸分の入居説明会を開き、被災者らは鍵を受け取った。自宅が全壊・流失したか、半壊しても住み続けられなくなった世帯が2年間住むことがでる。

 仮設住宅の入居説明会で、豪雨災害の犠牲者を悼み黙とうする被災者ら=18日午前、福岡県朝倉市

 朝倉市杷木林田の介護士林恵子さん(55)は、中学2年の娘紗季さん(14)と2人で訪れ、部屋の中を確認。「これからどうなるのだろうと不安だった。ここから再スタートしたい」と話した。

 40世帯が対象となる朝倉市では、杷木小の体育館で説明会を開催。森田俊介市長が冒頭「引き続き皆さんを一生懸命支援する」とあいさつした。(共同通信)