日本が日露戦争に勝利したころから太平洋戦争前までに策定された米国の対日戦争計画。この中で、沖縄は日本本土攻略の前進基地として位置付けられた。計画によると、第1段階では日本が西太平洋地域で、守りが手薄な米国の前哨基地を攻撃。第2段階は米軍が西進、日本支配下の中部太平洋の島々を攻略し、海・空の前進基地を建設。沖縄などを占領し、日本が孤立すると想定したのが第3段階だ。米国は日本のほかにも仮想敵国を設定し、ドイツはブラック、イギリスはレッドなどと色別に作戦を区別。太平洋戦争はこれらの計画に沿った形で進められた。