沖縄戦や原爆の絵で知られる画家、丸木位里・丸木俊夫妻がチビチリガマの「集団自決」(強制集団死)などを描いた「沖縄戦・読谷村三部作」が7日、所蔵先の佐喜眞美術館(宜野湾市)から読谷村立美術館に移され、展示された。三部作の佐喜眞美術館以外での展示は今回が初めて。