【東京】菅義偉官房長官は7日の閣議後会見で、名護市辺野古への新基地建設に関連し、これまで繰り返し使ってきた「粛々」との言葉は使用せず、新基地建設への理解を得るために「適切に対応したい」など言葉を選んで説明した。

 菅氏は、新基地建設について普天間飛行場の危険性除去や固定化を避けるため辺野古移設が唯一の解決策だと従来の主張を展開。辺野古移設は歴代の知事に理解を得て進めてきたと強調、「そうしたことも懇切丁寧に説明し適正に対応していきたい」と述べた。

 また、中谷元・防衛相も同日の会見で新基地建設について「堅実に進める」とこれまでにない表現を使用。5日の菅氏との会談で「粛々」という言葉に不快感を示した翁長雄志知事に配慮する姿勢を見せた。

 一方、中谷氏は翁長氏との会談について「意見をうかがうのは大変大事なこと。今後、沖縄の皆さんと話し合いをしていきたい」と前向きな意向を示した。翁長氏が求めた安倍晋三首相との会談も「トップ同士の会談は実施できたらいいなと思う」と述べ、歓迎する意向を示した。