観光庁は4日、経営的な視点で地域観光を担う国認定の法人「日本版DMO」(デスティネーション・マネジメント・オーガナイゼイション)の候補に沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB、平良朝敬会長)を登録した。県内では、八重山ビジターズビューローと北谷ツーリズムデザイン・ラボに続き3例目。