【東京】中谷元・防衛相は8日午前、カーター米国防長官と防衛省で会談している。米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古への新基地建設を推進する考えを伝えた。中谷氏は「抑止力維持と沖縄の基地負担軽減を図るために2013年の2プラス2合意に基づき普天間飛行場の移設事業を堅実に進めている」と強調した。

 また「(新基地建設は)米国のリバランス政策の一環であり、非常に大事なものと認識している」と述べ、辺野古移設を推進する意向を示した。

 カーター氏は、辺野古の新基地建設には直接触れなかったが、米軍再編について「日米同盟を継続するために極めて重要だ」と述べ歓迎した。

 会談は冒頭だけ公開された。両氏は会談終了後、共同記者会見を行う。