明豊が驚異的な粘りを見せて延長十二回逆転サヨナラ勝ち。この回3点勝ち越されたが、その裏2死走者なしから連打と四球で満塁とし、暴投と管の2点適時打で同点。さらに満塁から浜田が押し出し四球を選んで、4点を挙げた。

 ベスト8進出を決め、駆けだす明豊ナイン=甲子園

 神村学園は九回に4長短打で5―5とし、十二回にリードを奪ったが、3番手の金城が踏ん張りきれなかった。(共同通信)