東海大菅生が序盤に猛攻を仕掛けた。一回に片山の適時二塁打で先制すると、三回には小玉の2ランなど7安打を集めて5得点。四回は片山がソロ本塁打を放った。先発の戸田は高い位置から投げ下ろす直球に力があり、1失点で完投。

 東海大菅生―青森山田 4回裏東海大菅生1死、片山が右中間に本塁打を放つ=甲子園

 青森山田は二回途中から登板したエース三上が6失点。打線もつながらず、中沢の本塁打による1点にとどまった。(共同通信)