安倍晋三首相は18日、米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長と官邸で会談し、北朝鮮情勢を巡り、日米両国が一層連携を強化する方針を確認した。ダンフォード氏は「自衛隊と米軍の関係は極めて強固だ」と述べ、防衛協力の推進に意欲を示した。双方は国際社会による圧力の強化と、国連安全保障理事会の新たな制裁決議を厳格履行すべきだとの認識で一致した。

 会談を前に安倍首相と握手する米軍のダンフォード統合参謀本部議長(左)=18日午後、首相官邸

 会談で、首相は在日米軍に関し「安定した日米同盟のためには地元からの理解が重要だ」と表明。ダンフォード氏は「共に協力していきたい」と応じた。(共同通信)