【宜野湾】宜野湾市議会(大城政利議長)は18日午前、臨時議会を開き、オーストラリアで起きた米軍普天間飛行場所属のオスプレイ墜落に抗議する決議案と意見書案を全会一致で可決した。同型機飛行の即時中止、事故原因究明と速やかな公表などを求めている。

(資料写真)オスプレイ

 抗議決議と意見書は普天間飛行場所属のオスプレイが昨年12月に名護市安部海岸で墜落し、ことし6月には2度予防着陸するなどトラブルが相次いでいることを指摘。「住民を巻き込む大事故につながるのではないかと市民には大きな衝撃や不安、恐怖感が広がっている」とした。

 国や県、市が原因究明や飛行自粛を求める中で、事故2日後に市内上空を飛行したことも厳しく批判した。要求事項には普天間飛行場の一日も早い閉鎖返還と「5年以内の運用停止」、日米地位協定の抜本改定も盛り込まれた。

 大城議長と基地関係特別委員は同日、キャンプ瑞慶覧と在沖米総領事館、外務省沖縄事務所、沖縄防衛局に抗議・要請した。