米軍嘉手納基地でのパラシュート降下訓練や旧海軍駐機場の運用の問題について、日米の外務・防衛担当閣僚が日米安全保障協議委員会(2プラス2)で協議はしたものの、「地元の懸念」を共有するにとどまった。日米合意の認識の食い違いを埋めることができたのか、今後どう運用していくのか-。