1925(大正14)年の現役将校学校配属令に基づき、旧制中学校以上の生徒らを対象に45年の敗戦まで行われた。各校に派遣された陸軍将校が、銃や竹やりといった武器の使い方や戦史などを教えて学校教育に軍国主義を浸透させるとともに、第1次世界大戦後の軍縮による将校の失業対策も担った。39年からは大学でも必修に。26年の青年訓練所設立後は、一般青年に対しても実施され、総動員体制が強まった。

軍事教練をする生徒たち=1940年3月(県立農林学校卒業記念写真帳)

軍事教練をする生徒たち=1940年3月(県立農林学校卒業記念写真帳)