日本バスケットボール協会は8日、第4回FIBAアジアU-16(16歳以下)男子選手権に出場する日本代表候補を発表し、島尻玲央(あげな中-興南高2年)ら18人が選出された。

島尻玲央

 島尻は187センチ、74キロのフォワード。興南高で指導する井上公男監督は「身体能力の高いオールラウンドプレーヤー。バスケットのセンスに秀でている」と高く評価する。

 あげな中3年でU-15、昨年はU-18の代表候補メンバーに名を連ね、関係者の期待も高い。初の代表入りを目指す島尻は「とても楽しみ。運動量でアピールし、速攻で得点に絡みたい」と意気込んだ。

 メンバーは24~26日、東京で行われる第1次強化合宿に参加する。6月末の第6次合宿まで行い、12人の代表メンバーが決まる。

 アジアU-16男子選手権の日程・開催地は未定。大会は2016年開催の第4回U-17男子世界選手権の予選となっている。