自民党の長島忠美衆院議員の死去による衆院新潟5区補欠選挙は、公職選挙法の規定に基づき10月10日告示―22日投開票の日程で行われる。既に決まっている衆院青森4区、同愛媛3区と合わせ「トリプル補選」となる見通しだ。

 安倍内閣の支持率が一時急落し、動揺が続く自民党にとっては、立て直しへの試金石となる。党勢が低迷する民進党にとっても、新代表の国政初陣となるだけに正念場の戦いとなりそうだ。

 3補選はいずれも自民党議員の死去に伴うもの。自民党内からは「負け越しは許されなくなった」(自民党中堅)との声が出ている。(共同通信)