【うるま】第39回沖展うるま市選抜展(主催・市教育委員会、沖縄タイムス社)が9日、市具志川総合体育館で始まった。浦添市で5日まで開かれていた「第67回沖展」の展示作品825点から、各部門の入賞作品やうるま市在住者の作品など227点を展示している。15日まで。午前10時~午後6時、入場無料。

沖展会員やうるま市在住者の作品を、熱心に鑑賞する来場者=9日、うるま市具志川総合体育館

 あいさつした島袋俊夫うるま市長は「各部門の最高水準の作品がそろっている。多くの市民、県民に鑑賞してもらい、文化活動の発展につなげてほしい」と来場を呼び掛けた。

 その後、謝敷久武市教育長や沖縄タイムス社の豊平良孝社長のテープカットで開幕し、市内外から多くの美術ファンが詰め掛けた。