県水産課は2015年度から漁業の担い手確保・育成を目指す未来のマリンパワー確保・育成一貫支援事業で、漁業協同組合や新規就業者への支援を始める。小中学生を対象にした水産教室や高校生のインターンシップ(就業体験)、新規就業者の漁業経費支援が柱。事業は5年間で、15年度の事業費は約2880万円。