三井住友海上火災保険は9日、女性社員が中心の「琉球支社」を1日に発足したと発表した。これまで沖縄支店のみで男性が中心となって営業していたが、地元採用の女性が活躍できる場を広げようと新たに琉球支社を新設した。

三井住友海上火災保険琉球支社のメンバーら=9日、沖縄タイムス社

 沖縄支店の古畑善太郎氏は「横のつながりが強い沖縄で地元出身者を積極的に活用したい」と意気込む。支社長代理の金奈津美さんは「細やかなサービスや対応は女性が得意。その強みを生かして頑張りたい」と決意した。