JAおきなわ(砂川博紀理事長)は8日、糸満市のファーマーズマーケットいとまん「うまんちゅ市場」で「島ヤサイの日」制定セレモニーを開いた。4月8日を「島ヤサイの日」として、ゴーヤーやカンダバー(イモの葉)など伝統野菜の消費拡大などを図っていくことを宣言した。

セレモニーでハンダマの押しずしを試食する子どもたち=8日、糸満市・ファーマーズマーケットいとまん

 近年、健康志向の高まりで島野菜の需要が高まっており「島ヤサイの日」を制定、消費や生産拡大を図る。

 沖縄県は島ラッキョウやシマナー(カラシナ)、ウンチェー(エンサイ)など28種類を島野菜として指定している。

 今後、県内のファーマーズマーケットでの試食販売などを実施する。

 セレモニーで砂川理事長は「島野菜はビタミンやミネラルを多く含み栄養価も高い。今後も島野菜の良さを広く県民にアピールし、食文化の継承に貢献したい」と述べた。